ようこそ! 女声合唱団  Avis LiberaHomePage

 

“Avis Libera”とは、ラテン語で「自由な鳥」という意味で、音楽の世界を自由に 羽ばたき、舞い、遊びたい

という、私たちの憧れをイメージしています。

 

ただ今、団員随時募集中!! 見学・体験大歓迎

見学・入団のお問い合わせは、こちらからどうぞ。

 

◆ お知らせ ◆

第10回 八ヶ岳合唱の輪コンサート

「第10回 八ヶ岳合唱の輪コンサート」は、たくさんお客様をお迎えし、盛会のうちに 終了いたしました。

先生方、スタッフの皆様、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

ーーーー

Avis LiberaのFacebookの記事を下記に掲載いたします。
この思いを皆様と分かち合えますように!
============
2022年5月19日、信州の高原に涼やかに建つ「八ヶ岳高原音楽堂」にて「第10回八ヶ岳合唱の輪コンサート」が開催されました。
コロナ禍で開催が2年延期されておりました記念すべき10回目のメモリアルなコンサートに、ようやくメモリアルな三団体(第1回目に集った仲間たちです)が再び馳せ参じ合い、集い、歌い合うことが出来ました。


この3団が集うジョイントコンサートに限っては大切なテーマがあります。
【あした】ということです。わたしたち『Avis libera 』、東京都内の合唱団『たまゆら』さん、
信州の合唱団『しなの』さんの頭文字を組み合わせて【あした】。【あしたコンサート】です。
交流しながらそれぞれの団が日々精進して迎えたその日、そしてまたきっと今日が明日につながっていく。
その喜びが風にのって天に届きそうなほど、当日の八ヶ岳は美しく青い晴天でした。

大きなガラス戸から新緑が望める豊かな大自然の中のすばらしい木のホールは満席御礼。

その中でわたしたちは歌い(アカペラを歌い終えたとき、最後の響きが明るく喜びに満ちて空気に溶けていく中、鳥のさえずりが聞こえてきて、なんとも感動的でした(花織先生より))、
たまゆらさんしなのさんの豊かなステージには大感激。
合同ステージでは曲の力と大人数での歌唱の力強さに打たれ、アンコールの『花は咲く』では練習に苦慮しながら歌い続けてきた日々、今の世界の様相、咲いて散ってきたひとびとのこと、未来のことなどがしんしんと胸をよぎり、感無量でした。


ご指導くださった先生方をはじめ、開催のために尽力してくださったすべての方に感謝申し上げます。
ありがとうございました。これからも、歌います❕

============

ーーーーー

第10回 八ヶ岳合唱の輪コンサート』の開催が決まりました。

コロナ禍で開催が2年延期されていたぶん、時間を経て更に深まった

「歌うことの喜び」「仲間とのつながり」を感じながら、

皆で音楽堂のステージに心をひとつ、

願いと祈りをこめてしっかり立ちたいと思います。
お聴きいただけたら幸甚です。

 

日程:2022年 5月19日(木)15時開演
会場:八ヶ岳高原音楽堂(入場無料です!)

 

◎アヴィス・リベラの単独ステージ曲は以下になります。【現在必死に練習中❗️】

 
指揮:松下耕、蟹江春香

ピアノ:鈴木花織


♬『A Joyful Song』

作詞作曲Mary Lynn Lightfoot

♬ 『あこがれの大地へ』

さとう恭子作詞 松下耕作曲

♬ 女声合唱組曲「いのちのうた」より

『遠くへ行こう』

ごとうやすゆき作詩 横山智昭作曲

♬ 女声合唱とピアノのための

「すこやかに おだやかに しなやかに」より『おだやかに』

谷川俊太郎作詩 松下耕作曲

♬ 女声合唱とピアノのための

「花冷えのあとで」より

『うたのゆくさき』

山崎佳代子作詩 松下耕作曲

◎合同演奏では、合唱フォーラムにて直接ご指導いただいた信長貴富先生の作品を演奏いたします。

==八ヶ岳合唱の輪コンサート==

毎年秋に行われる八ヶ岳高原合唱フォーラムの仲間がコンサートを始めて10周年を迎えます。この記念すべき年に、第1回に集まった仲間が再登場します。合唱の輪コンサートが契機になり「アヴィス・リベラ」「しなの」「たまゆら」はそれ以降それぞれの団名の頭文字をとって「あしたコンサート」と銘打ち、東京・松本とそれぞれの地元でコンサートを開いています。仲良しグループの歌声をお楽しみください。(コンサートチラシより)